/

この記事は会員限定です

難関校入試「食」に着目

社会への関心測る好材料

[有料会員限定]

中学入試の出題テーマに「食」が注目されている。テキストに載っていない知識も問われ、大人も好奇心をくすぐられる内容だ。個別指導塾のベテラン講師、田中則行氏は「普段の家庭での日常会話にこそ、問題を解くヒントがある」と話す。

「ところてんの主な原材料を1つ選び、記号で答えなさい」

答えは「海藻のテングサ」。2021年の女子学院の社会の入学試験で実際に出た問題だ。

女子学院といえば東大合格者を毎年20人以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1499文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン