/

この記事は会員限定です

橋田寿賀子さん死去

95歳、脚本家「おしん」

[有料会員限定]

「おしん」などのテレビドラマで知られる脚本家の橋田寿賀子(はしだ・すがこ、本名=岩崎寿賀子=いわさき・すがこ)さんが4日、急性リンパ腫のため静岡県熱海市の自宅で死去した。95歳だった。(評伝など社会面に

ソウル生まれ。旧制大阪府立堺高等女学校(現府立泉陽高校)から日本女子大に進む。その後、松竹脚本部員になったが、勃興期にあったテレビに注目し、ドラマの脚本家を目指した。

1964年の「愛と死をみ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り281文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン