/

この記事は会員限定です

ニコン、宇宙部品参入

米企業を買収、中小型衛星向け

[有料会員限定]

ニコンは米国企業を買収し、中小型衛星など宇宙航空向け部品に参入した。2日付で株式の過半を取得した。買収額は100億円弱のもよう。主力事業だったカメラの市場が縮小するなか、成長性のある事業に参入し新たな収益源に育てる。

買収したのは米ロサンゼルスを本拠とする新興メーカー、米モーフ3D。米ボーイングなど欧米の大手航空宇宙機メーカーと取引しており、3Dプリンターで製造する小型衛星向けの部品が主力だ。ニコンは取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン