/

この記事は会員限定です

複製容易 消えぬリスク

フェイスブック、流出データ再拡散 責任追及に限界

[有料会員限定]

米フェイスブックの利用者5億人超の個人情報がインターネット上で閲覧可能となっていたことが5日までに分かった。2019年の大規模な情報流出の際のデータが再拡散したとみられる。新規の流出ではなく、専門家は「同社の法的責任を問うのは難しい」とみる。保存や複製が容易なデータが悪用され続けるリスクが明確になった。

フェイスブックは「データは19年に報道された古いもので問題は修復済み」と説明する。米連邦取引委...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン