/

この記事は会員限定です

商船三井、脱炭素に2000億円投資

23年度まで 大型船、LNG燃料に

[有料会員限定]

商船三井は5日、2023年度までに脱炭素分野へ2000億円を投資すると明らかにした。大型船を中心に液化天然ガス(LNG)を燃料とする船を導入する。世界的に脱炭素の流れが強まるなか、同社も温暖化ガスの「排出実質ゼロ」を50年までに実現する目標を掲げる。

5日にオンラインで記者会見した商船三井の橋本剛社長は「脱炭素に向け、20年代の次世代燃料の大本命はLNGだ」と話した。自動車船や原油タンカーなど大型船でLN...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り436文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン