/

この記事は会員限定です

オリックス、太陽光大型売電 電力会社通さず

初の工場向け 屋根にパネル直接供給

[有料会員限定]

オリックスは太陽光由来の電力を工場などに直接販売する。パネルを大規模に設置し、売電で収入を得る。太陽光の発電事業者は固定価格買い取り制度(FIT)を通じ、大手電力などに売電するのが一般的だった。製造業などで取引先から脱炭素を求められる需要が増えており、電力会社を通さない「直売」モデルに取り組む。

同社は6月、約2200キロワット分の太陽光パネルを、デニム生地製造のカイハラ産業(広島県福山市)の工場屋根に設置...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1629文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン