/

この記事は会員限定です

変異型軽症者らの療養、東京など入院継続

対応割れる

[有料会員限定]

変異型の新型コロナウイルスに感染した軽症者らの受け入れについて、東京都と神奈川県などは「原則入院」を継続する。厚生労働省は宿泊施設での療養も可能としたが、第3波のピーク時と比べ病床に空きがあるため、当面は現行の対応を維持する。変異型増加で原則入院から転換した大阪府などと対照的だが、さらに変異型が広がった場合は都なども見直しを迫られる可能性がある。

都内の変異ウイルスの感染確認は2日時点で計80人。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り342文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン