/

この記事は会員限定です

コロナ治療薬、年内にも

米メルクなど治験終盤に 開発競争、世界で加速

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの新型治療薬が年内にも登場する見通しが強まっている。米メルクやスイスのノバルティスが開発競争をリードし、ワクチンで先行した米ファイザーも経口投与型の新薬の臨床試験(治験)を始めた。日本勢もアンジェス塩野義製薬の新薬候補が海外で第2段階の治験に進む。ワクチンに比べ難航してきたが、病態の解明が進み、新薬開発が加速してきた。

新型治療薬の開発で注目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1328文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン