/

この記事は会員限定です

オリーブユニオン、耳鳴りの「デジタル薬」開発へ

[有料会員限定]

スマート補聴器を手掛けるオリーブユニオン(東京・目黒)は、デジタル技術を使って治療やその補助をする耳向けの「デジタル薬」を開発する。耳鳴りの症状を緩和する音を流したり、聴力の具合から認知症の兆候を発見したりするような機能を想定する。2022年の実用化を目指す。

開発に向け、ベンチャーキャピタル(VC)のビヨンドネクストベン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り162文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン