/

この記事は会員限定です

認知症の発症、関連遺伝子を特定 長寿センターなど

[有料会員限定]

国立長寿医療研究センターなどは、多数の患者のゲノム解析からアルツハイマー病の発症に関わる遺伝子領域を新たに特定した。

東アジア人に特徴的な領域のほか、欧米人と共通する別の領域も見つけた。

アルツハイマー病は認知症の原因の大半を占める。発症時は脳で異常たんぱく質の蓄積が進み、進行を抑えるのが難しい。発症の遺伝的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り155文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン