/

この記事は会員限定です

脱「援助」、金融開放がカギ

バングラデシュ分離・独立から50年

[有料会員限定]

バングラデシュがパキスタンから分離・独立して3月26日で50年を迎えた。現時点では経済の進歩と新型コロナウイルスへの比較的成功した対応に支えられているが、世界人口の2%に相当する1億6300万人の国民の多くを貧困から救い出すためには、さらなる進歩が必要だ。

1971年の独立以来、繊維輸出と海外からのバングラデシュ人による送金がけん引し、成長はパキスタンをしのいできた。世界銀行のデータによれば、バン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1816文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン