/

この記事は会員限定です

「空箱」に利益相反リスク

米国で上場ラッシュ、日本で解禁論も

[有料会員限定]

企業買収のみを目的とした「空箱」の上場が米国でブームとなっている。特別買収目的会社(SPAC)と呼ばれ、成長が期待される企業が合併を通じて短期間で上場できる利点がある一方で、投資家にリスクもあり、米証券取引委員会(SEC)が注意を喚起している。日本では解禁されていないが、既存の新規株式公開(IPO)に満足しない投資家などからは要望の声が高まる可能性がある。

「潜在的な利益相反などの明確な開示が特に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン