/

この記事は会員限定です

自動運転「レベル4」へ指針 安全確保、事業者らに義務

22年度までに導入、警察庁が報告書

[有料会員限定]

警察庁の有識者委員会は1日、特定の条件下で車の運転を自動化する「レベル4」について、実用化の指針を示した初の報告書をまとめた。自動運転システムを運行する事業者らに安全確保のための一定の義務を負わせる内容を盛り込んだ。

2022年度までの導入を目指す。今後、道路交通法の改正などルールや環境整備を進めるが、安全確保の仕組みや、事故時に運行を担う事業者の責任をどう位置づけるかなど課題は多い。

レベル4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り578文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン