/

この記事は会員限定です

期待と不安 春の入社・入庁式、愛知県 2年ぶり「リアル」開催

中部電 オンライン形式で復活/ミツカン 全新入社員を在宅勤務に

[有料会員限定]

2021年度が始まった1日、中部地方の企業や自治体が入社式を催した。昨年は新型コロナウイルスの影響で式自体の取りやめが相次いだが、今年はオンライン形式にすることで式典を復活させる例が目立った。

昨年中止した中部電力はオンライン形式で入社式を復活させた。主要グループ会社で417人の新入社員はそれぞれの配属先から参加。林欣吾社長は「皆さんの安全と健康を最優先に考えた結果、リモート形式にしました」と述べた。

ミツ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り796文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン