/

この記事は会員限定です

税引き益、3年で3割増

筑邦銀が中計、地域創生を後押し

[有料会員限定]

筑邦銀行は2024年3月期までの3カ年の新中期計画を策定し、24年3月期に税引き利益(単体)で8億円以上と、21年3月期予想に比べ約3割増を目指す。取引先の事業承継や、地産品を拡販する商社機能を強化するなど、地域創生につながる活動を増やす。店舗業務の効率化などコスト削減を進め、目標達成を目指す。

コンサルティング手数料などの役務取引等収益は、21年3月期予想比で約2割増の23億円以上に増やす。

九州電力などと共同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン