/

この記事は会員限定です

ニュートリノ反応を撮影

名古屋大学高等研究院特任助教 福田努氏

[有料会員限定]

謎が多い素粒子ニュートリノの正体に迫ろうと、国内外の研究グループが様々な技術を駆使して実験に取り組んでいる。名古屋大学高等研究院の福田努特任助教が主導する「NINJA(ニンジャ)実験」で用いるのは原子核乾板という写真フィルムの一種だ。ニュートリノの未知の反応の存在を示す証拠写真を撮影しようと意気込む。

ニュートリノはどんな物質でも素通りする幽霊のような素粒子だが、ごくまれに物質を構成する原子核と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り609文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン