/

この記事は会員限定です

20年度、相場は記録ずくめ

日経平均、54%上昇48年ぶり 企業は10年ぶり株売り越し

[有料会員限定]

2020年度の金融市場は記録ずくめの1年となった。日経平均株価は新型コロナウイルスの感染拡大による急落から持ち直し、年間上昇率は54%と48年ぶりの大きさとなった。守りの姿勢を強めた企業が市場からの資金調達を増やし、国内の社債発行は2年連続で最高を更新。自社株買いは減り、事業会社は10年ぶりに株式を売り越した。

20年度最後の取引となった31日の東京株式市場で日経平均株価は2万9178円となった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り612文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン