/

この記事は会員限定です

公立小35人学級 本格始動

改正法成立、25年度に全学年で 教員確保や質の維持課題

[有料会員限定]

公立小学校の1クラスの定員の上限を40人から35人にする改正義務教育標準法が31日、成立した。すでに導入済みの小1を除き、4月1日から小2、1年後には小3と段階的に対象とし、2025年度には全学年で「35人学級」となる。教室内を広く使えたり、個別指導がしやすくなったりと歓迎する声がある一方、教員の確保や質の維持などで課題も多い。

小学校のクラスの定員を一律に下げるのは1980年に40人学級を定めて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1131文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン