/

この記事は会員限定です

省庁、業務過多・DX遅れ 法案記載ミス続発

専門家に聞く

[有料会員限定]

政府が国会に提出する法案で字句のミスが相次ぎ発覚し、加藤勝信官房長官が衆参両院の議院運営委員会に謝罪した。誤字脱字などを含むずさんな例があった。省庁は新型コロナウイルス対策で業務量が増える一方、テレワークなど新たな働き方への遅れは深刻だ。専門家に対策を聞いた。

加藤氏が3月25日に国会に報告した内容によると、今国会で法案23本、条約の承認案1本の計24本で誤りがあった。

提出法案には条文のほかに参...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1447文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン