/

この記事は会員限定です

「AIが価格調整」も独禁法違反

公取委見解、企業間の意思疎通と判断

[有料会員限定]

公正取引委員会は31日、アルゴリズム(計算手法)や人工知能(AI)を通じた複数の企業による価格調整がカルテルとなり、独占禁止法違反になる恐れがあるとの見解を盛り込んだ報告書をまとめた。人間が直接かかわらない最先端のデジタル技術がビジネスに使われる事例が増え、従来の独禁法をどう対応させるかが焦点になっている。

報告書で想定したのは、他社の価格に合わせるように設定されたアルゴリズムを使うケースなどだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り805文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン