/

この記事は会員限定です

今後のETF購入、不透明

共立女子大教授 植田和男氏

[有料会員限定]

日銀がこの時期に政策の点検を実施し、政策を修正した背景には次の4月の金融政策決定会合でまとめる経済・物価情勢の展望(展望リポート)があると考えられる。

同リポートでは2023年度になっても消費者物価上昇率が目標の2%に達しないという予測を出しそうだ。次の総裁が就く23年度になっても異次元緩和の枠組みを基本的に維持せざるを得ないことを意味する。日銀は現行政策の長期化に備えて、その持続性を上げようとしたの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1037文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン