/

この記事は会員限定です

表現の自由と兼ね合い 難しく

各国、規制のあり方模索

[有料会員限定]

いかにネット上の誹謗中傷を防ぐか。多くの国が表現の自由との兼ね合いのなかで最善の方法を模索している。

国際大の山口真一准教授(ネットメディア論)によると、欧州では難民問題に絡むヘイト表現に対応するための法整備が検討されてきた。

ドイツでは2017年、SNS事業者に対し違法性のある書き込みの情報が寄せられてから24時間以内の削除義務と、従わない場合に最大5000万ユーロ(約64億円)の罰金を科す法律...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り434文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン