/

この記事は会員限定です

アサヒ拠点、100%再生エネ 世界の9割超で25年までに

環境配慮、販促に生かす

[有料会員限定]

アサヒグループホールディングス(GHD)は2025年までに世界で展開する工場や営業拠点などすべての施設の9割超の使用電力を完全に再生可能エネルギー由来に切り替える。国内では4月から19工場で100%再生エネ化する。脱炭素の動きが広がるなか、再生エネで作った商品として宣伝し消費者の支持につなげる。

アサヒGHDは世界全体で日本の約17万世帯の年間電気使用量に当たる952ギガ(ギガは10億)ワット時の電力を消費している(19年時点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り607文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン