/

この記事は会員限定です

千葉・横浜銀、承継ファンド

後継者難の中小の廃業防ぐ

[有料会員限定]

千葉銀行と横浜銀行は後継者難に悩む中小企業の株式を買い取り、親族外の第三者が承継するファンドを4月1日付で立ち上げる。新型コロナウイルスの流行で事業の先行きが見通しづらくなるなか、優れた技術やサービスを持つ会社の価値を高めて廃業を防止する。

総額30億円でファンドの期限は10年とする。単独で取り組むより、首都圏に広がる両行のネットワークを生かせば販路の拡大を支援したり、適切な譲渡先を見つけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン