/

この記事は会員限定です

<転機の生保営業>(上) 6割離職の前提、限界に

低金利や対面回避が逆風 大量雇用・歩合制見直し

[有料会員限定]

戦後一貫して対面を主軸にすえてきた生命保険のリテール営業が転機を迎えている。2年で半数が離職することを前提にした大量採用が限界に近づいているところに、新型コロナウイルス禍による対面回避の流れが追い打ちをかけた。生保各社は抜本的な見直しを急いでいる。

営業職員は2年以内に6割近くが離職する――。生保主要8社への調査でこんな事実が明らかになった。

日本経済新聞社が生保主要8社(日本、第一、明治安田、住...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン