/

この記事は会員限定です

千葉大 自然セラピー研究室

「癒やし」の力を可視化

[有料会員限定]

森林浴、アロマテラピー、ハイキング……。ビルに囲まれた都市生活のストレスから、癒やしを求めて自然とふれあう人は多い。木々や草花には本当に人間を「癒やす」力があるのか。そんな問いに答えようとするのが、千葉大学環境健康フィールド科学センター(千葉県柏市)にある自然セラピー研究室だ。

 ■  ■

研究テーマは、花の香りや森林浴といった自然が人に与える「癒やし効果の可視化」。学内だけでなく病院や木材業者の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1123文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン