/

この記事は会員限定です

米ファイザー・モデルナのワクチン、「有効性90%」確認

接種後の追跡調査

[有料会員限定]

【ニューヨーク=西邨紘子】米疾病対策センター(CDC)は29日、「メッセンジャーRNA(mRNA)」技術を使った米ファイザーとモデルナの新型コロナワクチンを接種した医療関係者などを追跡調査した結果、無症状を含む感染のリスクを90%減らす効果が確認されたと発表した。幅広い地域や状況で実際に臨床試験と同水準の高い予防効果が確認できたことで、新型コロナ封じ込めへのワクチンの有用性が裏付けられた。

CDC...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン