/

この記事は会員限定です

米、感染再拡大を警告 CDC「欧州と似た傾向」

バイデン大統領「3週間で成人9割が接種対象」

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】米疾病対策センター(CDC)のワレンスキー所長は29日、米国内の新型コロナウイルス感染について「急増している欧州と似た傾向をたどっている」と強く警告した。バイデン大統領は成人の90%が3週間後の4月19日までにワクチンの接種対象になるとの見通しを示した。

バイデン政権は感染の再拡大を抑えるとともに、ワクチンの普及を急いで事態の悪化を防ぎたい考えだ。

米国の28日の新規感染者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り536文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン