/

この記事は会員限定です

コマツ、林業向け売上高4割増 北米・アジア開拓

24年度メド

[有料会員限定]

コマツは林業機械事業の売上高を現状の1000億円程度から、2024年度までに4割増やす。住宅需要が引き続き堅調なことに加え、プラスチックからの代替素材として紙が注目されている。北米や東南アジア、ロシアの各市場を開拓する。伐採だけでなく植林の機械化も進め、循環型林業を通じて地球温暖化の抑制にも貢献する。

立ち木を伐採して集積地へまとめて運ぶフェラーバンチャーという機械や、木材の運搬車などを北米市場向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り454文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン