/

この記事は会員限定です

グリーンランド総選挙、米欧の資源戦略揺さぶる

レアアース採掘、中国関与に警戒

[有料会員限定]

【ブリュッセル=竹内康雄】デンマーク領グリーンランドは4月6日に、総選挙を実施する。北極圏にある同島の人口は約5万7千人と少ないが、地政学やエネルギー安全保障の観点での重要性が増す。選挙結果次第では米欧の資源戦略を大きく揺さぶる事態とあって、注目が集まっている。

2月半ば、グリーンランド自治議会(定数31)は解散総選挙を決めた。同島南端のレアアース(希土類)採掘計画を巡り、連立政権を支えていた中道...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1551文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン