/

この記事は会員限定です

聖火リレー 2県目栃木へ

SLと共演、舟で運ぶ場面も

[有料会員限定]

東京五輪の聖火リレーが28日、2県目となる栃木県でスタートし、聖火は関東に入った。日本最古の学校とされる史跡・足利学校周辺の石畳を走り、本堂が国宝に指定されている足利氏ゆかりの鑁阿寺(ばんなじ)境内では、甲冑(かっちゅう)姿の「武者」と並走。蒸気機関車(SL)との共演や、舟でのリレーも実施した。

小山市では、1964年の東京五輪の聖火ランナーが栃木県庁前を出発した日に生まれた本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン