/

この記事は会員限定です

中国芸能人ら、外資CM解消 ウイグル人権批判に反発

H&Mなどアパレルに矛先、収束見えず

[有料会員限定]

【上海=松田直樹】少数民族ウイグル族の問題を巡り、中国で外資企業に対する批判が止まらない。批判を受けている企業ではCM契約を結ぶ俳優やモデルが、企業との関係を解消する動きが相次ぐなど影響が広がっている。ネット上でも中国に進出する大半の外資系アパレル企業に対して批判が殺到し、騒動が収まる気配はない。

「中国を汚すような行為は許せない」。スウェーデンのへネス・アンド・マウリッツ(H&M)と契約を結ぶ女...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り395文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン