/

この記事は会員限定です

金沢工大発の鍋専門店 松林研究室、「とり野菜みそ」で

学生が販促策や内装考案 教育の場に活用

[有料会員限定]

金沢工業大学発スタートアップの松林研究室(金沢市)は4月末、石川県の名物「とり野菜みそ」を使った鍋料理専門店を金沢市内に出す。学生にマーケティングなどを任せて教育の場として活用するほか、味噌のブランドショップを併設して購買につなげる。新型コロナウイルスの感染リスクを下げるため1人用鍋で提供し、黒字を目指す。

とり野菜みそは、調味みそ製造販売のまつや(石川県かほく市)が手掛ける。砂糖や塩、魚介エキス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1094文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン