/

この記事は会員限定です

過疎地で新交通モデル模索

富山・朝日町、マイカー有料送迎実験

[有料会員限定]

富山県朝日町が自家用車を使う送迎サービスの実証実験を始めた。通勤などで決まったルートを走る町民の車に、利用者が前日までに予約を入れて乗車する。競合関係になるタクシー会社も、町民の移動が増えるほうが得策とみて参加した。過疎地域で新たな交通モデルが成り立つかの試金石になる。

「タクシーだと片道2000円近くかかるが、600円で済む。節約につながる」。同町に住む長谷栄子さんは、病院通いに送迎サービス「ノ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1150文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン