/

この記事は会員限定です

法トーク 在宅勤務の不正を監視

FRONTEO執行役員野崎周作氏

[有料会員限定]

「在宅勤務が普及して会社の目も届きにくくなっていることから、社員の不正を気にする企業からの相談が増えている」とFRONTEOの野崎周作執行役員は話す。同社は従

業員のメールなどから、人工知能(AI)で横領や粉飾などの不正をあぶりだすサービスを提供している。2020年の調査件数は19年比で微減だったが、21年は再び増加傾向という。「新型コロナウイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン