/

この記事は会員限定です

「市場とは何か」問う著作相次ぐ

理論と現実を見つめ直す

[有料会員限定]

市場経済は経済格差の拡大や環境破壊をもたらしていると厳しく批判する著作が最近、よく話題になる。対照的に、市場には様々な種類や働きがあり、奥深い存在だと気づかせてくれる近刊もあり、市場を巡る議論が活発になっている。

米テキサス大学教授のラジ・パテル著『値段と価値』(福井昌子訳、作品社、2019年2月)は市場の機能に疑いの目を向ける著作の一例で、世界で反響を呼んだ。モノの価格と価値は同じではない。価格...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り797文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン