/

この記事は会員限定です

介護保険料、見直しへ

40歳から加入、負担増続く

[有料会員限定]

高齢になると心身の機能が衰えて、日々の生活に助けが必要になることがあります。こうした場合に頼りになるのが公的な介護保険制度です。40歳以上の人が加入し保険料を納める一方、自身が介護を受ける際の負担が軽くなります。2021年度には保険料が見直される予定です。

Q 介護保険とはどのような制度ですか。

A 介護が必要になった人を社会全体で支援するための仕組みです。高齢化の進展などを踏まえ、2000年4月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1319文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン