/

この記事は会員限定です

福島のいま 世界へ

復興の決意ともし、聖火リレー始まる

[有料会員限定]

東京五輪の聖火リレーが25日からスタートし、トーチを掲げたランナーが福島県の太平洋側を巡った。東日本大震災から10年が過ぎたが、原発事故の影響で避難指示が出ている自治体も残る。「今の町の姿を世界に見てほしい」。ランナーたちは復興への決意、支援への感謝を胸に笑顔で駆けた。(1面参照

出発式 なでしこ、思い乗せ

25日午前9時40分ごろ、聖火は福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)を出発した。第1走者は、東日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1267文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン