/

この記事は会員限定です

H&M、中国で通販検索できず

ウイグル巡り「企業と取引停止」

[有料会員限定]

【上海=松田直樹】中国の少数民族ウイグル族を巡る問題で、スウェーデンの衣料品大手へネス・アンド・マウリッツ(H&M)が中国で批判されている。新疆ウイグル自治区に工場を持つ中国企業との取引を停止する、との過去の発表が問題視されたとみられる。24日には中国ネット通販大手、アリババ集団などのサイトで同社の商品が検索できなくなった。

H&Mは2020年9月、取引停止を発表した。中国外務省は当時、「ウイグ

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り316文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません