/

この記事は会員限定です

脱ガソリン車、次の部品需要は?

EV向けに静音性高める 日本精工社長 内山俊弘氏

[有料会員限定]

世界各地で温暖化ガス排出「実質ゼロ」を目指す動きが広がり、ガソリン車市場は縮小する見通しだ。エンジン向け製品などを手掛ける部品メーカーの事業にどう影響するのか。自動車向けの売上高が7割を占め、ベアリング(軸受け)国内最大手の日本精工の内山俊弘社長に聞いた。

――世界各地でガソリン車の新車販売が禁じられます。一方、ベアリングはエンジンなどで多く使ってきました。電動化が進むと需要はどの程度減りますか。

「典型的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1119文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン