/

この記事は会員限定です

「定位置」に向かう円相場

105~115円、輸出入均衡やゼロ金利持続が影響

[有料会員限定]

今年に入り、円安・ドル高基調が続いている。外国為替市場では昨年末まで1ドル=100円突破を視野に入れた円高予想が多かっただけに、市場参加者は想定外の展開に相場の方向感を見失いがちだ。だが少し視野を広げてみると、円相場は新型コロナウイルスの収束を見据え、2017年から長く続いた105~115円の「定位置」に再び戻りつつある状況だと分かってくる。

円相場の長期チャートを見ると、コロナ前までは105~1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1232文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン