/

この記事は会員限定です

幼児の性自認、悩む対応 「女の子の格好」でいじめ

「大人は耳傾け見守りを」

[有料会員限定]

自身の性別に違和感を持つ大津市の園児(6)が市立保育園でいじめを受け、不登園になる問題があった。未就学児はいじめ防止対策推進法の対象とならないことが課題として浮上する一方、LGBT(性的少数者)について保育園や幼稚園でどう教えるべきかという難しい問いも突き付けられた。

「なかまはずれ」「ぼこぼこ」。戸籍上は男だが、女の子の格好をしていたため受けたいじめ。園児は被害をつたない字でメモに書いていた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り818文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン