/

この記事は会員限定です

大阪「金融都市」多難な船出

経済界、実現性を疑問視 競合の東京は実績で先行

[有料会員限定]

大阪を世界の金融ハブにすることを目指す「国際金融都市構想」の推進組織が月内に発足し、実現へ向けた基本戦略を来春までにまとめる。府は同構想を成長戦略の一つとするが、経済界には実現性を疑問視する声が多く、官と民で温度差がある。競合する東京都などの取り組みが先行するなか、大阪の道は平たんではない。

大阪府・市や経済団体などでつくる「国際金融都市OSAKA推進委員会」は29日に初会合を開催。会長に関西経済...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1068文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン