/

この記事は会員限定です

五輪組織委、海外ボランティア見送り

専門的人材は受け入れ

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は22日、海外在住の外国籍ボランティアについて大会での活動を見送ると発表した。海外観客の見送りと同様、新型コロナウイルス対策として海外からのボランティア活動も控える必要があると判断した。

同日開かれた理事会で報告され、記者会見で武藤敏郎事務総長が明らかにした。対象は約2300人だが、このうち競技の知識など専門性が必要となる一部のボランティアについては特別に参加...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン