/

この記事は会員限定です

自民総裁選まで半年(上)首相の再選、解散と連動

党内力学より世論重視

[有料会員限定]

菅義偉首相の自民党総裁任期が満了となる9月末まで残り半年に迫った。新型コロナウイルスのワクチン接種を円滑に進め、東京五輪・パラリンピックの成功など実績を積み上げて支持固めをめざす。再選戦略は10月までにある衆院解散・総選挙にも連動する。

コロナ対策優先

首相は新型コロナ対策を優先し早期解散に慎重な姿勢を崩していない。「コロナの収束をしっかりさせるのが私の責務だ」。首相は18日の記者会見でもこう強調した。

内閣支持率...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1153文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン