/

この記事は会員限定です

国産ワクチン実現へ「緊急使用許可で承認急げ」

厚労省前医務技監・鈴木氏に課題を聞く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの国産ワクチン開発が欧米勢に比べて遅れている。どこに問題があり、開発をどう後押しすべきなのか。厚生労働省の前医務技監で現在は国際医療福祉大学副学長を務める鈴木康裕氏に聞いた。

――国産ワクチン開発促進に向けて、どんな公的支援が必要ですか。

「国が企業に出すワクチン開発の補助金は大別すると『研究開発』と『生産体制』が対象となっている。研究開発中の製品の生産体制を構築するのはリスクも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン