/

この記事は会員限定です

採用、巣ごもり需要で明暗

22年春計画、スーパーライフ25%増 百貨店高島屋44%減

[有料会員限定]

日本経済新聞社がまとめた2022年春入社の採用計画調査(1次集計)によると、巣ごもり需要をとらえたスーパーや陸運が採用を増やす見通しだ。在宅での食事や電子商取引(EC)の需要を取り込む業種が堅調な一方、外出自粛によりアパレルや百貨店では落ち込みが目立つ。新型コロナウイルス禍で内需企業の間で明暗が分かれた。(1面参照

外出自粛で自宅での食事が増え、スーパーは前年比3.9%増だった。大手のライフコーポレーションは25%増の275人を計...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン