/

この記事は会員限定です

米中外交トップ、異例の応酬

「人権」「台湾」巡り

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅、北京=羽田野主】ブリンケン米国務長官と楊潔篪(ヤン・ジエチー)中国共産党政治局員らは18日(日本時間19日)、米アラスカ州アンカレジで会談した。ブリンケン氏は人権や台湾問題などで中国の対応に「深刻な懸念」があると指摘した。中国側は「内政干渉だ」と猛反発した。(関連記事総合2国際面に

冒頭の数分をメディアに公開する予定だったが、1時間以上も激しく応酬する異例の展開となった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り403文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン