/

この記事は会員限定です

ファイザー、ワクチン増産 年20億回超へ

モデルナは14億回に

[有料会員限定]

新型コロナウイルスワクチンの増産が本格化してきた。米ファイザー・独ビオンテックは欧州工場の本格稼働を受け年間ワクチン供給能力を2021年中に20億回超分(従来は13億回分)に増やす。米モデルナも22年中に生産能力を14億回分にまで引き上げる。各社のワクチン生産増強を受け米国は5月から全成人への接種を始めるほか、日本も6月末までに1億回分の供給を受ける。

「英アストラゼネカ(AZ)製ワクチンは安全で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り924文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン