/

この記事は会員限定です

日経平均銘柄、大手利用96%

脱・依存、日本も課題に

[有料会員限定]

日本でもオリンパス東芝などの会計不祥事を契機に監査改革が進められてきた。監査法人の経営に外部の目を入れる「監査法人のガバナンス・コード」や、監査人と企業のなれ合い抑制につながる監査契約の期間の開示などだ。監査プロセスの透明化を狙い、21年3月期からは監査人が監査作業で特に注意した項目を開示する制度も始まる。

主要企業の監査で「ビッグ4」のシェアが高いのは日本でも同様で、公認会計士・監査審査会によると日経平均採...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り294文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン